兵庫慎司のブログ

音楽などのライター、兵庫慎司のブログです。

THE JAMと私

  高校生の頃、なので1980年代中盤の広島でのこと。

  ヤマハの上のホールだったか、別の場所だったか忘れてしまったが、「輸入レコード市」みたいな催しがあった。広島の輸入盤屋(数えるほどしかなかったが)に加えて、他府県のお店も何軒もやってきて、そこで1週間だか2週間、レコードの特売をやりますよ、というやつだ。あ、なので、まだ、レコードからCDに主流が映るギリギリ前の話です。

 

  行った。何時間もいた。当時高校生だった自分のカネのなさ、今思い出しても驚異的なほどなので、とにかく迷いに迷った。

  手ぶらでは帰りたくない。でも、すべったものを買いたくない。

  悩みに悩んだ末、THE JAMの『SNAP!』という2枚組のベストアルバムを買った。THE POLICEは大好きだったし、THE CLASHとかも聴いていたけど、THE JAMはラジオで流れる曲ぐらいしか知らなかったので、まずはこのベスト盤からちゃんと聴こう、と。

 

  家に帰った。1枚目を聴き終わり、2枚目をターンテーブルに載せた。で、愕然とした。

 

  1枚目と同じレコードだったのだ。

 

  最初は自分がかけ間違えたのかと思った。レコードを手にとり、中央のレーベル部分を見てみる。ちゃんと「DISC 2」となっていて、「DISC1」とは異なる曲目がプリントされている。

  勘違いなんだろうか。DISC1に変え、聴いてみる。もう一度DISC2を聴いてみる。

 やはり同じ。どっちも「In The City」から始まる。で、それが終わると「Away From The Numbers」になる。

 

   つまり、まんなかのレーベルを貼り間違えた不良品だったわけです。

    返品しようと思い、翌日行ってみたら、もう輸入レコード市は終わっていた。

 

   ちなみに、初めてちゃんと聴いたTHE JAMがどうだったかとかは、ショックすぎて憶えていない。というか、そのレコード、ロクに聴かなかったと思う。THE JAMをちゃんと聴き直す気持ちになれたのは、CD時代になってずいぶん経ってからだ。

 

   当時からのレコード、今もすべて手元に持っているのだが、探してみたら『SNAP!』、ありませんでした。捨てちゃったんだろうか。

 

アバウト・ザ・ヤング・アイデア:ザ・ヴェリー・ベスト・オブ・ザ・ジャム

アバウト・ザ・ヤング・アイデア:ザ・ヴェリー・ベスト・オブ・ザ・ジャム

 

 

    最近リリースされたこれを入手し、よく聴いているのですが、そのたびにこのことを思い出して軽く憂鬱になるので、以上、書いてみました。

 

  ちなみに『SNAP!』はこちら。

 

Snap

Snap

 

 

広告を非表示にする