読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

兵庫慎司のブログ

音楽などのライター、兵庫慎司のブログです。

2/12広島クラブクアトロ、フラワーカンパニーズ vs The Birthdayに行きました

  フラカンのイベント『シリーズ・人間の爆発』、今回は名古屋広島大阪のクラブクアトロを対バンで回る企画。名古屋はホフディラン、広島と大阪はThe Birthday

  私、広島出身で、年末年始に帰れなかったのもあって、帰省がてら観てきました。

 

  まずThe Birthday。おっそろしくかっこよかった。なんかどんどんすごくなってないか、チバ。昔より余裕も貫禄もあるし、楽しそうだったりもするのに、同時にヒリヒリするくらいソリッドかつシャープになってもいる、なんか矛盾した存在に化けつつあるというか。

  とにかく歌が届く。言葉とメロディのこっちの耳へのぶっ刺さりっぷりが、あきらかに昔より鋭くなっている。

  中盤の、来月出るニューシングルの曲2連発と、そこからのライブ・アンセムたたみかけが特にヤバかった。特にシングルの1曲目「抱きしめたい」の、「俺は決めたんだ あのクズどもから 世界を奪い返すって」という直球きわまりないラインが印象的でした。

 

  で、フラカン。この日がひっさびさの新音源、4曲入りニューシングル「あまくない」のライブ会場先行販売のスタート日だったので、その告知をしつつ、その中から「すべての若さなき野郎ども」と「あまくない」を披露。

  「すべての若さなき野郎ども」は昨年秋頃からライブでやっていたけど、鈴木圭介曰く「あまくない」はライブでやるのこれが初めて、とのこと。フラカンにはめずらしく、と言うと失礼だけど、しっかりとでっかいサビのあるミドルチューン。歌詞も、今の圭介まんまなんだろうなと思わせるよい仕上がり。

  あと、すごく久々に「人間の爆発」をやったんだけど、これがやたらよかった。重くて暗くてドロドロしていて。この曲に限らずトラッシュレコード時代、こういう重暗ドロドロ方向のいい曲、いっぱいある。もっとライブでやってもいいのに、と思いました。新しくそういう曲を書いてくれてもいいけど。

 

  そして、アンコールでサプライズあり。「フラカンは、長い付き合いです。個人的には、加入したいと思ったこともあります」とMCで言っていたキュウちゃんが参加、ツインドラムで「真冬の盆踊り」を披露。

  曲に入る前のグレートの「ミュージシャンには『ヨサホイ』やる人とやっちゃいけない人がいるから」という説明に、お客さん、大笑い。「あとの3人は出て来ないから! もし出てきたら俺全力で止めるわ!」。確かに。

 

  というの、大阪でもやるんだろうな、と思ったので、大阪が終わるのを待ってから書きました。

 

  余談。

  フラカンが広島でライブをやると、そのあとスリムチャンススタジオという鷹野橋にあるクラブで、グレートマエカワがDJをやるのが定例化しているのですが、「広島帰るならDJもやればいいじゃん」とお誘いいただいたので、行きました。DJは最初は地元の方、途中からグレート、私、キュウちゃん。

  で、自分の時間になったと思ったらほどなくして、キュウちゃんとバック・トゥ・バック(1曲交代でかけるやつ)を命じられ、レベッカをかけまくるキュウちゃん、私がかけてる間に次の曲を選ぶ、という状態になりました。で、相手が途中でグレートに替わりました。

  結局何曲かけたっけ、ってくらい長いことやった末、ネタが尽きてグレートにまかせてブースを下り、5時には終わるかなと思って聴きながら待っていたんだけど、5時20分を超えてもグレート、一向にシメる気配がないので、先に帰りました。

  翌日、すごい二日酔いでした。楽しかったけど。