読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

兵庫慎司のブログ

音楽などのライター、兵庫慎司のブログです。

2015年のフジロックと松尾スズキさん

昨日(7/25)・一昨日(7/24)とフジロックに来ていて、これから3日目の会場に行くとこなのですが、twitterだと長すぎるのでこちらに書きます。

 

初日と2日目、松尾スズキさん、フジロックに遊びに来られていました。

なので時々落ち合って、一緒にライヴ観たり飲みながらウロウロしたりしたのですが、「松尾さん、一緒に写真撮っていただけませんか!」と、何人にも声をかけられるのですね。

松尾さん、その度に応じてあげていて、私もシャッター押したりしました。

で、松尾さん「twitterにアップしないでね」とか全然言わないんだけど、ちょっと気になって、さっき検索かけてみたら、私が見た限りでは、お客さんでアップしている人、見事に誰もいませんでした。

アップしてたの、松尾さんが来たというお店の人と、私だけ。

ひとり、写真を撮ったあとに、松尾さんが「ビールちょうだい」と言って一口飲んだ男がいて、そのことをうれしく報告していたけど、その人も写真はアップしていない。

 

いや、ご本人「ダメ」って言ってないし、アップしたってべつにいいんだろうけど、なんというか、みんな純粋に自分の記念のために撮ったんだなあ、と思うと、初日、松尾さんとサニーデイ田中が出くわした瞬間に「これ使える! 写真写真、はいこっちむいて!」と撮って即座にアップした自分が、ちょっと恥ずかしくならないでもないです。

 

そういえば「『不倫探偵』観ました!」「もう何十年も舞台観てます!」みたいな、熱心なファンばかりだった。

「あ、松尾スズキだ」くらいの人は、気づいても声をかけてこないんでしょうね。

で、勇気をふりしぼって声をかけてくる人は、「よっぽど」ってことなんでしょうね。

なお、私が目撃したのは、全員、男でした。

 

2日目のグリーンステージ、上原ひろみがMCで、昨日食い物屋の行列に並んでいたら、「最後尾はここですか?」と訊かれるばかりで誰にも気づかれなかった、こんなんでは明日のライヴの時ガラガラなのでは、と心配したんだけど、こんなにいっぱい集まってくれてうれしいです──というようなことを言っていた。

それを、普通にチケット買って遊びに来てるのに、出演者以上に声をかけられる松尾さんと一緒に観ながら、フジロッカーと松尾スズキファンの親和性について思いを馳せたりしたのでした。

 

まあ、私が「下北とかより全然声かけられますね」と言ったら、「めずらしいんじゃない? 俺が下北とか歩いててもめずらしくもなんともないじゃん」とのことでしたが。

 

では会場に向かいます。