読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

兵庫慎司のブログ

音楽などのライター、兵庫慎司のブログです。

2015年9月3日(木)サンフジンズ全国オペ“過注射”ファイナル@Zepp DiverCity Tokyoの、楽器の持ち替えをメモしました

 7/16川崎クラブチッタからスタートしたサンフジンズ初めての(そして次回は未定の)11本の全国ツアー“過注射”のファイナル。なお、初日のクラブチッタのレポはこちら。http://ro69.jp/live/detail/127748   8/25広島クラブクアトロのレポはこちら。http://shinjihyogo.hateblo.jp/entry/2015/08/27/102417

 

というわけで、ツアー終わったのでもうセットリスト書いてもいいでしょ、というのと、曲によってカイ・ギョーイがギターになったりベースになったりするのがこのバンドの特色なので、それも記録しておきます。暗闇の中、観ながらメモったものなので完璧ではないかもしれません。観た方で、「そこ違ってるよ」とお気づきになったら、ご指摘お願いします。

 

(カイ・ギョーイはギター、ジューイ・ラモーンはベースで登場)

1 サンフジンズのテーマ(逆)

2 サーフジーンズ

3 さっさっサンフジンズ

MC(ここでカイ・ギョーイはベース、ジューイ・ラモーンはギターに持ち替える。ケン・シューイはスネアを交換)

4 スリーシンフサンズ(この曲終わりでケン・シューイ、スネアを交換。元のものに戻したのかも)

5じょじょ

MC(ここでカイ・ギョーイはギター、ジューイ・ラモーンはベースに持ち替える)

6 右から左(この曲終わりでカイ・ギョーイはベース、ジューイ・ラモーンはギターに持ち替える)

7 パン屋さん(この曲終わりでジューイ・ラモーンアコギに交換。ケン・シューイはスネアを交換)

8 奇数したい(この曲終わりでケン・シューイ、スネアを交換、したような気がするが自信なし)

9 そのかわり

MC(カイ・ギョーイはギター、ジューイ・ラモーンはベースに持ち替える)

10 富士夫人

11 ハリがないと(この曲終わりでOTギターを交換)

12 巨人~

MC(カイ・ギョーイはベース、ジューイ・ラモーンはギターに持ち替える)

13 ちゅーきんキング

14 ふりまいて(この曲終わりでジューイ・ラモーン、ギターを交換)

15 サンフジンズのテーマ

 

アンコール1

(カイ・ギョーイはギター、ジューイ・ラモーンはベースで登場)

16 過注射

 

アンコール2

17 ハリがないと(カイ・ギョーイはギター、ジューイ・ラモーンはベース)

18 さっさっさんフジンズ(1 コーラスめはカイ・ギョーイはギター、ジューイ・ラモーンはドラム、ケン・シューイはベース。2コーラス以降は、ケン・シューイはギター、ジューイ・ラモーンはベース、カイ・ギョーイはドラム)

 

以下、その他のメモなど。

・1曲目“サンフジンズのテーマ”の(逆)というのは、CDだとカイ・ギョーイがベースでジューイ・ラモーンがギターですが、それを逆で演奏した、ということです。

・12曲目の“巨人~”は、「新曲です」と言いつつ“サーフジーンズ”をもう1回やる、というもの。その地方にちなんだ野球関係の曲名を付けるならわしになっていたようで、8/25広島クラブクアトロでは“梵英心”という曲名でした。この12曲目、1時間48分で終わった初日の7/16川崎クラブチッタではやっていなかったから、ライブ全体の尺の短さを気にして、セットリストに追加したのではないかと思います。なお、広島ではアンコールでも“サーフジーンズ”をプレイ、つまり3回同じ曲をやるという偉業を達成。他の地方でもやったんじゃないかと思う。

・ライブ全体の尺は、初日川崎クラブチッタが1時間48分、8月25日広島クラブクアトロが2時間ぴったり、そしてこの日は2時間12分でした。

・ケン・シューイ、ベースを弾かされる。というのは他の地方でもあったようですが(twiterで映像がアップされてたのを観ました)、ギターを弾かされたのは初だったかも。他の地方でもあったよ、という場合は、教えてください。

・そのケン・シューイ、初日の川崎クラブチッタでは電車マニアなのにクルマで来たことをふたりに責められていましたが、この日もクルマで来たそうで、同じく責められていました。ただし、ジューイ「打ち上げはどうすんねん?」という問いに、ケン「代行を呼びます」と答え、笑いをとる。カイ「東京で代行呼んでる奴見たことないよ!」

・11曲目“ハリがないと”終わりで、この曲用に開発してYoutubeにもアップした振付「カンチョーダンス」をやる人が少ない! とジューイ・ラモーンが怒って、この曲の歌詞を1番から3番まできっちり説明した上で「カンチョーダンス」をやってみせ、曲をギターソロからやってそれに合わせてみんなで振付実践、というおなじみのコーナー、最終日だけあって、ていねい気味に&しつこい気味にやっていた気がしました。フロア、大笑いしながら従う。

・同じくジューイ・ラモーン、“ちゅーきんキング”の途中でやる、ラップというか唸りというか浪曲というか「This is向井秀徳」にちょっと似たあれをアドリブで披露したのですが、それも、いつもよりじっくりねっとりやっておられた気がしました。

・7曲目“パン屋さん”の「珈琲とサンライズ買った」という歌詞の「サンライズ」がメロンパンのことだという説明が、ジューイ・ラモーンからありました。ウィキによると「関西地方と四国地方の一部、中国地方の一部では円形のメロンパンを「サンライズ」と呼称する習慣がある」そうです。私、京都に住んでいたことがあるし、中国地方の出身でもあるのに、知りませんでした。いつもCDを聴きながら「『サンライズ』ってなんだろう?」と思っていました。あと、それに続いたカイ・ギョーイの「『サビオ』みたいなもん? サビオって広島と北海道でしか通じないでしょ」というMCをきいて、初めて「サビオ」が全国区の名詞ではないことを知りました。調べたところ、北海道・和歌山・広島だけのようです、通じるの。

 

以上です。このツアー、3本観せていただきましたが、つくづくいいバンドだなあと思い知ったし、なんでこの3人でこれをやっているのかという必然も観れば観るほどよくわかるし、ライブ自体、回を重ねれば重ねるほどよくなるし、全体に「はいこれでおしまい」感はゼロ、これからもやれることもやりたいこともいっぱいありそうないい空気に満ち満ちていたし、いずれまたやっていただければ大変にうれしいです。スケジュール合わせるの大変だとは思いますが(特にケン・シューイが)。

 

※付記:アップ後に、読まれた方からご指摘いただいて、2回目のアンコールの担当楽器を修正しました。

※付記2:12曲目と13曲目の間のMCと、その時のギターとベース交換を書き忘れていました。再度ご指摘いただき、修正しました。

大変失礼いたしました。ご指摘いただいたお二方、ありがとうございました。